もうちょっと胸が大きくならないかなと思いつつ、遺伝の

もうちょっと胸が大きくならないかなと思いつつ、遺伝の

もうちょっと胸が大きくならないかなと思いつつ、遺伝の問題だからどうにもならないと考える女性も多くいることでしょう。

意外と知られていないことですが、バストサイズは遺伝というよりむしろ生活環境による影響が強いと考えられています。




もしプチ整形をしようとしているならその前に、生活習慣を見直してみることをお奨めします。よくない生活習慣がバストアップを妨げ、小さな胸のままなのかも知れません。

腕回しはバストアップに対していいのではないでしょうか。バストアップ効果が得られるエクササイズは面倒になってしまうとなかなか続けられませんが、腕を回すだけだからいつでもどこでも実践できると思います。

肩こり(長時間同じ姿勢を取り続けることで筋肉が疲労して起こることが多いようです)にも腕回しは効果的で血行促進にもなりますし、筋トレ効果も期待できます。そうすることで、バストの効果的なボリュームアップにも繋がるでしょう。実際に胸を大きくするサプリメントが効果的かといえば、胸が大きくなったと感じる方が多いです。


バストアップに効果的な女性ホルモンを分泌させる成分がサプリに凝縮されていますから、バストアップが体の内側から可能となるでしょう。ただし、女性ホルモンが増えすぎて生理周期に変化が現れることも事例もあるようです。過剰に摂取したりタイミングを誤ることがないように気をつけてサプリを使用して下さい。

バストのカップ数を上げたい場合、エステに通うということがあります。



エステでバストへのケアをおこなえば形を整え、美しく、バストアップをすることができるでしょう。続けて通うことで、徐々にサイズが大きくなることもあります。


けれど、お金が必要ですし、整形とは違いますから、自分でも常に意識をしておかないと、せっかくきれいになったバストが元通りになってしまいます。豊かな胸を作るエクササイズを継続することで、大きな胸を育てるられるでしょう。

豊かなバストで知られるグラビアアイドルが豊かな胸づくりのためにしていることを紹介していたりします。




エクササイズはいろいろありますので、自分が続けやすいのはどれかを試してみて増やすようにして下さい。


努力し続けることがとても重要です。


最近では、胸を大きくできないのは、遺伝に左右されるよりも日々の生活が似ているのが原因というのが研究によって明らかになってきています。ご飯の問題とか、運動不足、睡眠不足などが、胸が成長することを妨げているのかも知れません。



親子や姉妹の間においてバストサイズがちがうことは、多くみられる傾向ですから、成長する可能性があります。

バストアップの方法は様々ですが、地道にコツコツがんばるやり方がお金を節約でき、体へ負担をかけないで済みます。でも、一刻も早く胸を大きくしたいのならば、いわゆるプチ整形をおこなうという選択もあるでしょう。

お金をかけることになりますが、100%バストアップに繋がるでしょう。




また、胸を大きくするためのサプリを使用するのもよいでしょう。


胸を大きくするには毎日の習慣が大きく関係しています。



胸が小さい人は知らず知らずうちに、バストの成長を妨げてしまうような日々の習慣が板についてしまっているのです。


バストアップするためには、日々の行いを改善してみることが大事です。どれだけ胸を大きくしようと試みても、生活の習慣があだとなって効果を示さないこともあります。


胸を豊かにする効果があるといわれるツボを、刺激してみるのもひとつの手です。

だん中、天渓、乳根という名前のツボがバストアップに効くツボであると名高いです。このようなツボを刺激すると、血液の循環がうながされたり、女性ホルモンの分泌される量が増加したり、乳腺をよく発達させるであろうといわれていますが、即効性をもとめてはいけません。




バストアップに有効なものとして、豆乳がよく知られています。




豆乳は大豆イソフラボンを多くふくみ、その働きとして女性ホルモンに似た作用があるという話です。


不味くて飲みにくかった以前と異なり、青臭くない豆乳も多く研究開発されていますから、豆乳の摂取に前むきに取り組んでみるのもいいでしょう。

ですが、身体に不必要なほど摂取しすぎるのはやめましょう。

page top